ハイドロビット洗浄

 「ハイドロビット洗浄」は、Conco HydroDrillシステムによるワイヤ先端に取り付けたドリルやブラシ(ナイロン、真鍮、ステンレス)を回転させ、汚れを落とす洗浄方法です。

 水圧によるフラッシングと高トルクの回転ドリルにより、伝熱管、化学反応器、凝縮器、再沸騰器および吸収器の内側から困難な堆積物を除去します。

 直径3/8インチから6インチ(約1~15cm)、長さ40フィート(約12m)までのあらゆるタイプのチューブから付着物を取り除きます。 コークス、カルシウム、硫黄、ボーキサイト、アスファルト、酸化物および焼き固められた硬いポリマーのような硬い堆積物を効果的にきれいにすることができます。

 ハイドロビット洗浄は、通常7mのチューブを30~90秒で掃除します。直管型の細管の頑固な汚れ落としに適しており、U字管には向きません。U字管には、「スピニングブラッシング」をおすすめします。

2019年05月04日