サービス一覧

細管洗浄工事

image3

 「細管洗浄工事」は、発電所復水器細管を洗浄することによって、熱交換機能や信頼性を向上させる工事です。

 発電所の海水冷却系の復水器細管は、スライムやムラサキイガイ、フジツボなどによって熱交換率が下がるだけでなく、海生生物が付着し流速の変化によるエロージョンや周辺に発生するデポジットアタックなど、細管にピンホールを生じる原因になります。
 日常的に行われるスポンジボール洗浄や逆洗だけでは、残念ながら付着した生物を完全に取り去ることはできません。定期検査時には徹底した洗浄が必要です。弊社の細管洗浄工事では、「バレット洗浄」によってジェット洗浄では取りきれない固着生物や鉄、マンガン、カルシウムなどの汚れを取り去ります。
 U字管の洗浄には「スピニングブラシング」、頑固な汚れには「ハイドロビット洗浄」、洗浄前の細管の一部を抜管して行う汚れや腐食の「細管検査」もおすすめしています。

バレット洗浄

image4

 「バレット洗浄」は、熱交換器の細管にクリーナーを装填し、適正な水圧によって押し出すことにより、細管内部の汚れを掻き出す洗浄方法です。

 弊社では、米国CONCO SYSTEM社のスクレイパ型のクリーナーやスパイラル型のブラシを用いて、復水器細管の洗浄を行います。アルミ黄銅管やチタン管などの材質や内径に合わせたクリーナを用いることで、最適な洗浄を行います。

 スクレイパ型クリーナには、タイプC3S、C4S、HEXの3種類があります。C3Sは、ハードなスケール、C4Sはソフトなスケール、HEXは鉄、マンガン、カルシウムの除去に効果的です。

 さらに硬質なスケールには「ハイドロビット洗浄」をおすすめしています。

プレート熱交換器の化学洗浄

image

 「プレート熱交換器の化学洗浄」は、 酸とアルカリ溶液の循環・ブローによりプレート間に付着堆積した冷却海水に起因する汚損物質を除去し、性能回復を図るものです。

 この方式は、東北電力(株)仙台火力発電所と共同開発したもので、オンサイトで行うことにより、分解作業が不用となり工期短縮(約1/2)、ガスケット交換頻度が低減(約1/7)になり、経済的です。

 また、洗浄後の薬液は、処理後排水するとともに残渣については産業廃棄物として適正処理を行います。

 対象機器としては、冷却水冷却器(海水クーラー)のほか、「循環オイルのプレート熱交換器」の洗浄についても対応可能ですので、どうぞご相談ください。

 

スピニングブラッシング

image5

 「スピニングブラッシング」は、ワイヤ先端に取り付けた器具をエア駆動で少量の水を注入し回転させ、汚れを落とす洗浄方法です。

 内径6.4~356mmの直管部位はもとより、先端の洗浄器具を取り替えることにより、U字管細管の洗浄も可能となり各種の熱交換器や狭い作業スペースでの洗浄にも有効です。

 また、洗浄に使用する水が少ないので排水処理も容易です。

ハイドロビット洗浄

hydrodrill

 「ハイドロビット洗浄」は、Conco HydroDrillシステムによるワイヤ先端に取り付けたドリルやブラシ(ナイロン、真鍮、ステンレス)を回転させ、汚れを落とす洗浄方法です。

 水圧によるフラッシングと高トルクの回転ドリルにより、伝熱管、化学反応器、凝縮器、再沸騰器および吸収器の内側から困難な堆積物を除去します。

 直径3/8インチから6インチ(約1~15cm)、長さ40フィート(約12m)までのあらゆるタイプのチューブから付着物を取り除きます。 コークス、カルシウム、硫黄、ボーキサイト、アスファルト、酸化物および焼き固められた硬いポリマーのような硬い堆積物を効果的にきれいにすることができます。

 ハイドロビット洗浄は、通常7mのチューブを30~90秒で掃除します。直管型の細管の頑固な汚れ落としに適しており、U字管には向きません。U字管には、「スピニングブラッシング」をおすすめします。

ボイラーチューブクリーニングシステム

image6

 「ボイラーチューブクリーニングシステム」は、 丈夫なフレキシブルシャフトの先端にブラシ等の洗浄ツールを取り付け湿式・乾式状態で、2HP(1.5kW)の駆動モーターによりツールを回転させスケールを取り除くものです。

 除去されたスケールは、バキュームにより吸引し適正処理を行います。

 なお、対象機器としては、各種熱交換器の直管部位の比較的狭い作業スペースでの洗浄、洗浄水を大量に使えない場所での洗浄に向いてます。給水加熱器などU字細管の洗浄には使えません。

鳥害対策サービス

image34

 「鳥害対策サービス」は、ハトやカラス、その他の害鳥を訓練された鷹が追い払うサービスです。熟練の鷹匠が害鳥の天敵である鷹を飛ばすことによって、害鳥はその場所を天敵が出現する場所として認識します。

 カラス対策として、ネットを張ったり、光や音のでるグッズを設置しても、効果があるのは最初のうちだけです。カラスは大変賢く、しばたくするとそれらが全く危険がないことを学習します。とくに、その場所を餌場や営巣地として気に入ってしまうと、記憶力の良いカラスはその場所にこだわりを持ちます。訓練された鷹は、カラスが集団で追い出しにかかっても絶対逃げることがないため、この場所は鷹の縄張りであると記憶します。カラス同様、ハトにも効果があります。

 このサービスは、鷹匠と訓練された鷹を派遣するものです。全国、どこにでも派遣します。

汚損生物モニタリング&アラーム(開発中)

image25

 「汚損生物モニタリング&アラーム」は、電解液注入によって防汚対策をしている発電所にバイオボックスを設置し、付着版を定期的に回収。弊社で付着した生物の幼生の種類と量の比較によって電解液の効き具合を評価してお知らせするサービスです。

 海水中に電解液を注入すると、海水中の様々な物質によって遊離塩素は速やかに消費されてしまいます。発電所復水器直前まで効果的な塩素濃度が維持されていないと、汚損生物の幼生が付着し、いったん付着した幼生は少なからず成長します。そのため、我が国で広く行われている低濃度連続注入方式では、普段のきめ細やかな管理が欠かせません。また、汚損生物の出現期のカレンダーを作っても年によって水温も変動しますので、毎年同じ時期に幼生が出現するとは限りません。

 このサービスでは、必要な電解液濃度をお知らせするとともに、幼生の出現がない時期には、電解液濃度を下げることも可能となります。

 弊社では、英国で行われていたサービスをモデルに、国内版を鋭意開発中です。